エクセルでちょっとした小技!使えるとちょっと得した気分!

by admin on

一部を切り取って貼り付けられる

エクセルは、ビジネスにおいては欠かせないソフトです。営業担当者であれば、見積書や請求書などを作成するでしょう。提案書などの作成でも役に立ちます。セル同士を結合したりセルの中でセンタリングをしたりなどすると、ワープロ文書のようにきれいに作成できます。ただ、もう少し使いやすくしたいときがあります。ある表等をそのまま貼り付けたいときにどうすればいいかです。その方法としてカメラ機能があります。まずは元の表を選択します。特に行や列の幅などを調節する必要はありません。後はカメラボタンを押します。するとその表がそのままコピーされます。そして貼り付けたい部分に貼り付けると、そのままの形で貼り付けられます。貼り付けた部分のセルなどには連動しないので、行や列の調整なしにそのまま色々な表を貼り付けられます。元のデータを変更すれば、貼り付けた部分の数字も変更されます。

データが正しく入力されているかチェックできる

エクセルの作業として、データの入力があります。紙の書類などを見ながらどんどん入力するとき、少なからずミスがあります。できるだけミスを減らしたい時に使える機能があります。それは読み上げ機能です。機能の設定をしておくと、入力した後にそのデータを読み上げてくれます。100と入力すると日本語で100と答えてくれます。パソコンによっては読み上げる人のタイプが選択できます。日本人の女性、日本人の男性、外国人の女性や男性等から選べます。英語のデータであれば、外国人を選んだ方がきちんと読み上げてくれます。あくまでも機械上の機能なので、感情などはありません。かなりの棒読みでデータを読んでくれます。それでも耳でチェックできるので、かなり効率は上がります。

CADのスクールでは、機械、建築、土木などの分野で必要とされる製図の描き方や、製図支援ソフトであるAutoCADの使い方などを学びます。