相続税法の改正がもたらす慌しい日々にはご注意を!

by admin on

相続税は時間にキビしい?

平成27年の相続税法の改正により、これまで相続税がかからなかった家庭であっても相続税が発生するケースが多くなりました。より身近になった相続税について注意すべきなのは、「期限」というチェックポイントがあることでしょう。

相続税の支払い期限は、相続開始から10カ月以内ですが、正確には相続人が被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内の納付となっています。10カ月間の期限内ですることはたいへん多く、相続した財産の評価を行い相続人が複数ならば遺産の分割協議をして相続を済ませます。出された財産の評価を基に税金額の計算をして、納税までたどり着くということになるのです。

相続人のすべきことのリスト!

葬儀や49日の法要を滞りなく終わらせることも、相続人がしなくてはならないこと中に入っているでしょう。しかも相続人が自営業であれば所得税の確定申告をしたり、4カ月以内に準確定申告と呼ばれる被相続人のための確定申告もしなければなりません。

それに加えて相続税は「現金一括」で支払うことが原則となっています。ただし現金が用意できなければ、相続した不動産などを定められた10カ月以内に売却して現金で納めることになるので、急いで不動産を相場の半額ほどで売却する羽目になることもあるのです。

また相続税を収める際には関連する相続人全ての連名で納付手続きをしていく必要が出てきます。これは書類上の問題だけではなく、相続人同士が納得した状態で相続税の納付が行われることが前提とされているからです。

相続税の申告の期限は、被相続人が亡くなった日の翌日から10ヶ月以内となっています。納税期限も同じです。