ペット保険は4つの補償から成り立っています!

by admin on

通院補償と入院補償とは?

ペット保険の補償内容は主に4つから構成されています。まず1つ目は通院補償です。これはケガをして病院で治療を受ける必要があるときに適用されるものです。基本的にはちょっとしたケガでも対象になります。1日あたり10000円まで補償されるというのが一般的です。2つ目は入院補償です。ケガや病気で自宅での治療が難しい場合には動物病院に入院する必要があります。そのようなときに適用されるものです。治療に専念することができるので、この点を重視する飼い主さんが多いです。1日あたり20000円まで補償するところが多いです。

手術補償と車イスの補償とは?

3つ目は手術補償です。通院や入院をしている最中に手術が必要になったときに有用な補償です。1回の手術で100000円まで補償されることが多いですが、2回目以降の手術については会社によって補償内容や金額が異なります。基本的に手術の原因が異なる場合は適用されます。いずれにせよ保険会社に確認してみましょう。4つ目は車イスの補償です。ペットの歩行が困難なときには車イスを使います。その装備や装具の費用を負担してくれるというものです。これはペット保険では珍しいものですが、近年は補償内容として含める会社が増加しています。最大100000円のところが多いです。これらをすべて合わせると年間で最大100万円から150万円の補償になります。ペット保険を選ぶときにはこれら4つの内容を把握した上で選ぶことをおすすめします。

ペット保険は千差万別です。まずは一括で出来るペット保険の見積もりサイトを利用して、ある程度の相場感を持っておくのがおすすめです。