今さら聞けない!確定拠出年金ってどんな制度?

by admin on

確定拠出年金は自分で年金を作る制度

年金制度には、国民年金や厚生年金、国民年金基金などのほか、確定給付企業年金と確定拠出年金があります。確定給付企業年金とは、企業が掛金を支払って金融機関などに運用してもらう制度を指します。大きな運用損が生じない限り、将来受け取れる年金額が大まかに決まっている点が特徴です。一方の確定拠出年金とは、企業または個人が掛金を支払った上で、自分で運用する制度を言います。自ら運用する分、大幅な利益となるケースもあれば、損失となるケースもあります。

確定拠出年金には個人型と企業型がある

確定拠出年金には個人型と企業型の2つがあります。個人型は自営業者など企業に所属していない人が、自ら掛金を支払って任意で加入するものであり、企業型は企業が掛金を支払って従業員を加入させるものです。どちらも将来受け取れる給付には年金と一時金があり、年金は原則として60歳または高度障害となった時から支給され、一時金は60歳または高度障害となった時、あるいは死亡時に支給されます。

個人型確定拠出年金のメリット

個人型確定拠出年金のメリットは、まず掛金が小規模企業共済等掛金控除となるため、所得税や住民税が減額します。そして運用益や配当金などは全て非課税とされており、給付金を年金で受け取れば公的年金等控除を、一時金で受け取れば退職所得控除を受けられます。また、運営機関が加入者ごとの年金資産を管理している為、自身の資産残高を把握できますし、元本が保証される運用方法を選択すれば貯蓄として活用する事もできます。

将来の事を考えるのであれば、投資によってお金を増やせる可能性があるだけでなく、税金面でもお得になる個人型確定拠出年金を始める事がおすすめです。