必須!自動車保険の加入時に注目するポイント

by admin on

ロードサービスの有無

急にガス欠してしまったり、タイヤがパンクしてしまったりすると困ってしまいます。そんな時に利用できるのが、自動車保険のロードサービスです。どのトラブルまで保証されるのかを確認しておきましょう。急なトラブル時に対応することができます。

自身の等級数と、等級の引き継ぎ

自動車保険は等級数によって保険料が変わります。等級が高ければ高いほど保険料は安くなる仕組みになっています。以前自動車保険に加入していた時の等級は、そのまま新しい保険に引き継ぐことが可能です。等級の引き継ぎは忘れないようにしましょう。

車両保険の必要性を検討する

自動車保険は、車両保証を付けなければ費用を抑えることができます。例えば、保健をかける自動車が古くて買い替えを考えている車の場合などは車両保証は不必要になりますね。反対に購入したばかりの新車でローンがまだ残っている場合は車両保険がついていた方が安心です。

運転者の保証範囲はどこまで必要なのかを検討する

自動車保険には、運転者の保証を一定の人に限定する特約があります。運転者限定特約は、本人型・夫婦型・家族型などがあり、保証される人を限定するため保険料は安くなります。しかし、友人など限定者以外の方が運転して事故に合ってしまった場合は、一切補償されません。誰でも運転できるようにするなら限定特約は付けないようにしましょう。

大きな事故の場合でも損害賠償できる体制を整える

大きな事故を起こしてしまった場合は、運転者に多額の損害賠償責任がかかります。その際は多額の金銭が必要になりますので、保険の備えが必要です。任意保険の対人賠償保険と対物賠償保険を、保険金額無制限で加入すると安心です。

自動車保険は各保険会社から様々な商品が出ており、保険料や補償もさまざまです。そのため、自動車保険の加入なら自動車保険の比較サイトを利用すると便利です。