今より上手く見える!初心者向けの漫画・アニメ風イラストのコツ

by admin on

趣味として人気のイラスト

近年では漫画やアニメは日本の文化として世界に広がっているほどの人気で、自分でそういったイラストを描いているという人も多数います。描いたイラストはSNSなどを通して簡単に公開できるので、趣味が合う人同士で交流できるのもイラストの良さです。

趣味としてのイラストは楽しいものですが、「もっと上手くなりたい」と思い悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。上手くなるように練習することはもちろんですが、少しの工夫で今よりも見栄えを良くできる場合もあります。

初心者が上手く見せるための工夫

イラストを始めたばかりの頃は、線を何本も重ねて描いている場合があります。下描きの場合はもちろんそれで構わないのですが、ペンなどで清書するときには無駄な線をなくし、なるべくきれいな線を引くようにします。同じ絵でも線がきれいな方が上手く見えるものなので、意識してきれいな線を描くようにします。パソコンなどデジタルで描いている場合には修正も簡単なので、気に入った線が引けるまでやり直してみるのも良いかと思います。また、画風にもよりますが、均一な線よりも強弱のある線の方が上手く見えやすいです。

色を塗るときに気を付けたいこと

色を塗っても何となくパッとしないというときには、まずは影の付け方を変えてみましょう。最低限の影しかつけていないとぼやけた印象になってしまうので、少し大げさに影を描くとはっきりした印象になります。影の色も薄すぎるとわかりにくいので、適度に暗い色を選びます。同じ色相の色を暗くしただけの色を塗るのではなく、少し青みがかった色を選ぶのもコツです。

練習せずにいきなり上達することはできませんが、コツを押さえれば今より上手に見せられるので、工夫しながら描いてみましょう。

イラストの講座は、イラストの描き方を詳しく解説したものです。イラストを見ただけでは気付かない工夫やテクニックを分かりやすく学べます。